プライベート

いよいよ再開!

2020年5月31日


さぁ!やっと、6/1からスポーツクラブも再開!
1ヶ月半近くウェイトを握れず・・・

しかも、不要普及の外出も出来ず・・・
ウォーキングはできるだけやりましたし、家でチューブトレーニングとか・・・
出来る限りの努力はしましたが・・・笑
筋肉量、体脂肪率を維持するのは大変・・・

緊急事態宣言当初は、zoomの環境を整えるなどに時間を使いセミナーなど、話すことが少なくなっていた時が、一番やばかった・・・笑

話すってことが実は非常に脳を使うし、かなりカロリー 消費をするんですよね~
通常でも脳は摂取カロリーの20~25%近く使うんですよね!
だから、頭を使えばお腹が空く!
頭を使っていない人は太る
 笑

ちょうど6年前も同じように、セミナーとか話すことがあまりない状況になった時、身体は動かしていても太った経験があったので、今回はしっかりsuperfoodをうまく取り入れて、なんとか維持に努めました 笑

経験ってやっぱり力になるな~て、思いました!

静岡伊勢丹でスーパーフード

2016年7月17日

静岡伊勢丹で催事でスーパーフードが集まってました!





話題になってきているビーツのスムージーも!(^^)



スムージーやコールドプレスでいい材料が満載で、本日1食目の僕もお腹も満たされ、身体も喜んでました!



ビーツは、ロシアの伝統料理であるボルシチによく使われている赤いカブのことで、日本では調味料としても使われている「甜菜(てんさい)」の原料にもなっています。
「奇跡の野菜」ともいわれるビーツの効果に今回は注目し、ご紹介したいと思います。

ビーツは「疲労回復」に効果あり?

近年、ビーツの成分として注目されているのが「NO(エヌオー)」とよばれている一酸化窒素です。この「NO(エヌオー)」は、血液の流れをよくするだけでなく、血管自体の筋肉をしなやかにして拡張させる作用があり、脳卒中や心臓病の原因となる血栓を予防する働きがあります。

さらには、血流量を増やして体内の酸素が効率よく使われる手助けをする働きがあるため、筋肉増強効果や持久力のアップが期待できるだけでなく、疲労を回復させる力がアップすることがわかっています。
また、血流量が増え、全身の血行がよくなれば、基礎代謝率も高まり、ダイエットの効果も期待できます。

まさにビーツは、究極の老化防止成分を含んだ食品であるといえますが、残念ながらこの成分は加齢と共に減少してしまうことも、研究の結果でわかっています。

ビーツには他にもこんな効能が

■腸内環境を正常化する
ビーツには、天然のオリゴ糖や食物繊維が含まれているので、腸内の善玉菌を増やし、悪玉菌の働きを抑制するだけでなく、老廃物やコレステロールを体外に排泄する働きがあります。
便秘や下痢気味の方は、積極的に摂るようにするとよいでしょう。

■肝臓の機能を高める
ベタインという成分には、肝臓の機能を高めたり、肝臓に脂肪がつきにくくする働きがあるため、肝硬変や脂肪肝を予防する働きがあると言われています。

■がんの予防
ビーツの赤い色素成分であるベタシアニンは、強い抗酸化力があるため、がんを予防する働きがあると言われています。

もともとイギリスでは、ビーツは体によい野菜として常識になっています。